キャッシング即日融資を受けるなら14:00までが勝負

キャッシング,即日,融資,審査,振込み,オススメ

最近、FacebookやTwitter、Instagramなどでよく目にする、カードキャッシングの広告。結構な頻度で出てきますよね?

お金に余裕がある人には何も引っかからない、ちょっと鬱陶しいくらいの広告ですが、今月は金欠気味だなぁ〜と思っている人や、近々大きな出費を控えている人にとっては、実はちょっと気になるキーワードが並んでいたりします。
それが『キャッシング即日融資』と『キャッシング無利息ローン』といったもの。最近、どのカードローン会社も積極的に打ち出しているみたいです。これはますます気になります。

 

ということで、今回は、この『即日融資』について解説していきたいと思います。

 

まず、あなたがカードキャッシングを希望した場合、どんな方法があるのでしょうか? それには大きく分けて次の4つの方法があります。

 

@電話での申し込み

A郵送での申し込み

B自動契約機からの申し込み

Cインターネットからの申し込み

 

まずは@番。これはコールセンターか最寄りの店舗に電話をして、融資希望であることを伝え、あとはオペレーターに疑問点などをぶつけます。でも、電話だけでは契約までとはいかないので、その後、店舗に出向くか郵送を希望するか、インターネットからの申し込みが必須となります。

 

A番は、電話やインターネットで申し込みをしてから、必要書類を郵便物として受け取り、身分証明書のコピーなどの提出書類とともに返送し、契約まで行う方法です。@番とA番に関しては、コンピュータが苦手な高齢者の利用が多そうです。

 

B番は、直接店頭に出向き、「自動契約機」の案内に従って操作をしていく方法。各カードローン会社は、最近では全国のいろいろな場所に、この自動契約機を設置しています。ですので、ホームページなどであらかじめ自分が行きやすい場所などを検索しておくのがベストでしょう。

 

キャッシング,即日,融資,審査,振込み,オススメ

そしてC番のインターネットからの申し込みです。これは近年、各カードローン会社が積極的に行っているサービスで、現在ではスマートフォンや携帯電話からのアクセスも可能になっています。

しかもいくつかのカードローン会社については、インターネットからの申し込みが24時間365日対応!となっています。平日の昼間に時間が取れない人や、土日しか動けない人でも、これならいつでも申込をすることができます。また、うまくいけば、融資までの一連の手続きを全てネット上で行えるため、店舗に一度も出向かないどころか、誰とも会わずにお金を借りることも十分可能なのです。これは忙しい人のみならず、例えば女性や主婦の方でも安心して申し込みできますよね。

 

さて、今回のテーマである『即日融資』ですが、これは読んで字の通り。申し込みをした日に融資を受けられるということですが、A番の「郵送での申し込み」以外、基本的には可能です。ただし、どの場合も書類に不備があったり、融資を受ける条件に当てはまらない場合は、「即日融資」ができないこともありますので注意が必要です。

 

しかし、何か問題がない限り、申し込み当日に、あなたの口座に希望した金額が入金れます。これはどういうことことかといえば、突然、イレギュラーでお金が必要になった時に、とても頼りになる存在になるということです。
実は筆者も、この『即日融資』の経験者だったりします…苦笑。

 

キャッシング,即日,融資,審査,振込み,オススメ

即日融資サービスでの融資の受け取り方法は主に2種類があります。それぞれ利用開始までの流れが若干異なりますので、即日融資を受けるための審査申込時間の制約も変わってきます。

 

まず1つはインターネットから申込を行い、銀行口座への振込でお金を受け取る場合です。これは、カードの発行が必須ではありませんので、審査が問題なければインターネット上で契約まで完了することもあり、利用しやすい方法です。お金を受け取る方法は、インターネット上で借り入れの申請をすることで、銀行口座に振込してもらうというものです。審査時間の注意点としては、銀行の営業時間が影響するため、全ての手続きが平日の15時までに完了する必要があります。平日の14時までに申込が完了できれば、問題なく即日で融資を受けられる場合が多くなります。

 

もう1つは、自動契約機を利用する方法です。これは、インターネットから申込を行い、キャッシング会社の審査が終わったら、無人契約機を訪問して、その場でカードを発行してもらうというものです。ローンカードさえ手に入れば、提携しているコンビニATMなどで融資を受けることができます。この方法のメリットは、銀行の営業時間の制約を受けないことです。大手のキャッシング会社では、無人契約機の営業を夜の21時や22時まで行っていることもありますので、15時を過ぎても、審査が問題なければ即日融資を受けることができます。

 

なお、大手の消費者金融業者では、提携銀行のネットバンクを利用中ならば、24時間365日いつでも振込融資に対応している場合があります。ネットバンキングの申込は即日では完了しませんが、既に口座を利用中ならば、このサービスを利用すれば銀行営業時間外でも振込融資を受けることができます。

 

これら全ての方法で共通の注意点として、在籍確認があります。キャッシング会社は、しっかりとした返済能力のある人には即日融資にも積極的ですが、当日中に審査が完了しない場合はどうしても翌日以降に持ち越されてしまいます。当日中に審査が完了しない理由として多いのが勤務先が営業時間外のため在籍確認ができないというパターンなのです。在籍確認が不安ならば、予めキャッシング会社に電話以外で確認がとれないかを相談してみるのもよいでしょう。また、サービスによっては、社会保険証を提示するなどの条件を満たせば在籍確認をせずに利用できるものもあります。手元にある書類の提出で審査が完了できるならば、即日融資を受けられる可能性も高くなります。

突然の合コンの誘い!しかも財布はカラ・・・さて、どうする???<キャッシング即日融資>

キャッシング,即日,融資,審査,振込み,オススメ

前の会社で一緒だった後輩からLINEが来た時のことです。

この後輩。僕が“地上最強の軽い男”と認定したくらい、まぁ〜とにかく軽い軽い(苦笑)。どれだけ軽いといえば、あまりにも軽すぎて、逆に女の子からも別格扱いにされるというナゾっぷりです。「◯◯くんは仕方ない」という、不思議な一目の置かれ方をしています。しかも悔しいことに、こいつの周りにはなぜか美女が多いという…。

 

嫌な予感がするな?と思いながら恐る恐るLINEを開くと、案の定、合コンの誘いです。しかも開催日は今日!(ってマジかよ…!)

 

「おいおい…お前、最初は俺のことメンツに入れていなかっただろ?」
「たまたま誰か欠席のやつが出たから、俺にLINEしてきてんじゃないの〜?」

 

キャッシング,即日,融資,審査,振込み,オススメ

100%そんなことだろうと思われます。

でも断れないわけです。だってこいつの合コン、レベル高いんですよ!
しかも、「今日のレベルは普通だと思われます」という2通目のLINE。こんな殊勝なことを書いてくるときは決まって、超自信がある時のパターンです…。

 

さらに問題が…。困ったことに、財布の中身もかなり寂しいことになっています。その月はカードを使いすぎていて、限度額が近い可能性もあります。今回は辞退するしかないなぁ〜と思っていながら、ぼぉ〜っとネットを見ていた時に飛び込んできたのが、『即日融資』の文字でした。

 

「これだ!」
「いやいや、合コンのためにキャッシングってアホでしょ!(苦笑)」
「でも、運命の女性と出会う可能性だってあるし!」
「お前マジで言ってる??」

 

こんな心の中の葛藤を続けた結果、僕は即日融資を申し込んでました(苦笑)。
でも今の所、この選択は正解だったと思います。その日の合コンは予想通りのレベルの高さだったし、実はその中の一人の女性と現在つきあっていて、今度、向こうの親と会うことになっているからです。その日は10万円のキャッシングをしたのですが、なかなか正しい投資をしたんじゃないかと、今更ながらにその時の自分を褒めています。

スピード審査が可能な会社も!<キャッシング即日融資>

キャッシング,即日,融資,審査,振込み,オススメ

こうした突然のお誘いはもちろん、部下の前で格好をつけない時とか、急に結婚式などのお祝い事に参加しなくてはならなくなったりした時に、この『即日融資』がとても強い味方になります。

 

当然ながら誰でも融資が可能というわけではなく、そこには審査があるのですが、この審査基準はどうやら以下の要素が重要視されるようです。

 

@安定した収入があるのか?
A他社からの借り入れはどれくらいあるのか?
B社会的信用があるのか?

 

@は当たり前の話で、借りたお金を返すための方法がない人はダメだということ。高収入である必要はありませんが、安定した収入であることが重要。逆を言えば、安定した収入さえあれば、主婦でも学生でも融資が可能ということです。

 

Aについては、他社からの借り入れがあまりにも大きい場合、借り入れを断られたり、希望した金額より低い金額の融資になることもあるようです。

 

Bはどういうことかといえば、たとえ一流の企業に属していたとしても、その会社に何年勤続しているかということも重要だということです。もし、あなたがまだ入社して1カ月しか経っていないとか、その前に会社をいくつも転々と渡り歩いていたりすると、融資を受けられない可能性が出てきます。

 

キャッシング,即日,融資,審査,振込み,オススメ

また、最近の各カードローン会社では、申し込み前にお借入れ可能かを事前に診断することができます。例えば、レイクでは「お借入れ診断」、アコムでは「3秒診断」、アイフルでは「1秒診断」といった具合に、借入れ可能かどうかを簡単に診断できるのです。自分が借りられるか不安な人は、こうした診断を利用するのもいいかもしれません。

 

さて、次からは、大手のカードローン会社、レイク、プロミス、アコム、モビット、アイフルの5社それぞれの特徴を解説していきたいと思います。

大手5社のカード会社の特徴はコレだ!<キャッシング即日融資>

それではここから、メジャーな5社(レイク、プロミス、アコム、モビット、アイフル)それぞれの特徴を解説していきたいと思います。それぞれの会社が打ち出しているキーワードで気になるのは以下の3つ。

 

@初めての利用での無利息期間サービス
A審査から融資までの時間が短いこと
B返済と借り入れがいかにスムーズであるかということ

 

このあたりをポイントに、まずは各社のサービス内容を見ていくことにしましょう。

新生銀行カードローン レイク

レイク,審査,早い,カードローン,新生銀行,当日振込

新生銀行カードローン レイクは、その名のとおり新生銀行を母体としたカードローン。かつて消費者金融であったレイクが、2011年に経営基盤をすべて新生銀行に譲渡し、消費者金融から銀行カードローンへ。
利用条件は、満20歳以上70歳以下。
安定した収入があれば、パートやアルバイト、自営業、学生、年金生活者、外国人(永住権を持つ人)でも申込みが可能。

 

金利:4.5%〜18.0%(実質年率)
限度額:1万円〜500万円
融資までの期間:即時審査。最短40分融資!

 

[レイクのここがポイント!]
・2つの無利息期間サービスから選べる。
・即時審査、即日振込可能。最短40分融資。
・PC、スマホでの申し込みで来店不要。
インターネット上で申し込み⇒借り入れ⇒返済が完結。
・セブン銀行など提携ATMの利用で手数料無料。
・アルバイトやパート、主婦でも安定収入があれば利用可能。

 

レイク,審査,早い,カードローン,新生銀行,当日振込

プロミス

レイク,審査,早い,カードローン,新生銀行,当日振込

三井住友フィナンシャルグループの子会社、SMBCコンシューマーファイナンスが営業するプロミス。三井住友銀行のローン契約機を使えるメリットなどがある。
プロミスの利用条件は、20〜69歳、安定した収入があること。
職業や年収などの制限はない。

 

金利:4.5〜17.8%
限度額:1万円〜500万円
融資までの期間:最短30分審査。最短1時間融資

 

[プロミスのここがポイント!]
・初回、契約日から30日間無利息。
・審査時間最短30分、最短1時間融資。
・インターネット上で申し込みから返済が完結。
・三井住友銀行、ジャパンネット銀行の口座で最短10秒振り込み可能。

 

レイク,審査,早い,カードローン,新生銀行,当日振込

アコム

レイク,審査,早い,カードローン,新生銀行,当日振込

大手消費者金融として、1978年から営業しているアコム。2008年に三菱UFJフィナンシャル・グループの子会社に。
カードローンの申し込み資格は、20歳以上で安定した収入があること。派遣社員やアルバイトも申し込み可能。

 

金利:4.7〜18.0%
限度額:1万円〜500万円
融資までの期間:最短30分審査。最短1時間融資。

 

[アコムのここがポイント!]
・初回利用時、契約日から最大30日間金利がゼロ。
・店頭や無人機など最短1時間で融資。
・インターネット上で申し込みや借り入れ、返済が完結。
・楽天銀行で24時間振込み融資可能。
・派遣社員やアルバイトも申し込み可能。

 

レイク,審査,早い,カードローン,新生銀行,当日振込

モビット

レイク,審査,早い,カードローン,新生銀行,当日振込

モビットは、三井住友銀行グループの傘下にある消費者金融。
借り入れ資格は、20歳以上69歳以下で安定収入があること。パート・アルバイト、派遣社員、自営業でもOKだが、収入のない専業主婦や年金生活者の申込みは受け付けていない。

 

金利:3.0〜18.0%
限度額:1万円〜800万円
融資までの期間:最短30分審査。即日融資。

 

[モビットのここがポイント!]
・ホームページやローン申し込み機からで、10秒で簡易審査結果を表示。
・本審査は最短30分。即日融資可能。
・インターネット完結の申し込み。来店不要、電話や郵便物なし。
・パート、アルバイトも申し込み可能。

 

レイク,審査,早い,カードローン,新生銀行,当日振込

アイフル

レイク,審査,早い,カードローン,新生銀行,当日振込

独立系消費者金融として長年、営業を続けているアイフル。貸金業法改正以降、2009年に事業再生ADRを申請した後、グループ再編などを経て現在も独立系のまま営業している。
利用条件は、20歳以上70歳未満で定期収入があること。パート・アルバイト、学生も申し込み可能。自身に収入のない専業主婦は対象外。

 

金利:4.5〜18.0%
限度額:500万円
融資までの期間:最短30分審査。即日融資。

 

[アイフルのここがポイント!]
・初回30日間無利息。
・ホームページか電話の申し込みで、来店不要。即日融資可能。
・アイフルを利用したことのある人が対象の低金利プラン「おまとめMAX」アリ。
・女性専用ダイヤルで、希望額50万まで最短30分で審査結果がわかる。

 

レイク,審査,早い,カードローン,新生銀行,当日振込

即日キャッシングには無利息期間がある会社もある

最近は、ほとんどの消費者金融会社が、最短30分から1時間程度で、キャッシングの審査申し込みの結果連絡を届けてくれて、即日キャッシングが可能となっていますが、「どうしても、今日中にお金を振り込んでほしい」という場合には、何時ごろまでに契約手続きを済ませれば良いのでしょうか。

 

通常、銀行の営業時間が15時までですので、最低でも14時ころまでに業者との契約手続きを済ませておけば、当日中に希望の金額を振り込んでもらえます。ただし、申し込みの時間がギリギリだと、時間帯によっては申し込みが込み合ったり、何らかのアクシデントが起きた時に、当日中に振り込みが完了しないという場合もあります。審査申し込みは、できるだけ朝早めの時間に済ませ、契約手続き完了までには、少し余裕を持っている方が良いでしょう。

 

また、最近は、契約手続きを希望している業者の利用が初めての方である場合など、所定の条件を満たしていれば、「無利息期間」を設けている会社も多くあります。「無利息期間」とは、借入れの契約の翌日から計算して、業者によっても異なりますが、30日間などは利息が不要であるというありがたいサービスです。所定の期間までに返済をすれば、もちろん利息は0円で借りることができますし、期間内に返済できない場合でも、返済期間を少しでも長く引き延ばすことができるというメリットがあります。このようなサービスを上手に活用すれば、ご自身の銀行口座にある預貯金を解約したり、コンビニなどのATMで多額の手数料を支払って引き出すよりも、借り入れをした方が、ずっとお得であるということになります。

 

最近は、「キャッシング=怖いもの」というよりも、「いざという時のもうひとつのお財布」という感覚で、とくに今お金には困っていないけど、ピンチに備えてカードを作っておくという方が多いようです。「無利息期間」のサービスを利用すれば、それこそ、銀行に預けているわずかな預金利息なんかよりも、ずっと上手に資産運用していることにもなります。給与前やボーナス前だけど、「どうしても学費や教育資金の支払いが必要」という場合や、出張や入院などで立て替えが必要という場合には、手元にある預貯金や定期を解約したり、崩したりするのではなく、キャッシングなどを上手に利用して、その場を乗り切ってみてはいかがでしょうか。低金利の世の中だからこそ、いまは貯めることよりも、上手に借りることが最も賢い方法なのです。

給料日前のキャッシングは即日・無利息がオススメ<キャッシング即日融資>

キャッシングを利用するとき、借入先の候補は銀行、消費者金融、信販会社などがあります。このうち、最も簡単な利用方法は、クレジットカードをすでに持っている人ならクレジットカードについているキャッシング枠を使って借りるという方法でしょう。しかし、クレジットカードはショッピング目的で作るものであり、キャッシング枠はおまけのようなものなので、あまりサービスは充実しておらず、おすすめはできません。

 

そこで、候補を銀行と消費者金融に限ります。普通に考えれば、金利が低い銀行カードローンのほうがよさそうです。しかし、給料日前に給料の前借りをする感覚で借りるのなら、消費者金融のほうがおすすめです。

 

例えば、給料日の5日前に20万円を借りて給料が出たらすぐに返済してしまうケースで考えてみます。20万円を金利18%で1ヶ月借りた場合の利息は3000円ですから、日割り計算をすると1日あたり100円の利息がかかるので、5日なら500円の利息がかかることになります。もしも金利14%の銀行カードローンで借りた場合なら、同様に計算して、およそ390円の利息がかかります。

 

このように、給料日前に借りて、給料が出たらすぐに返済してしまうのであれば、金利18%で借りても金利14%で借りても大きな差はつきません。20万円を借りるケースで計算してみましたが、借りる金額が10万円であれば、半分の55円の差しかつきません。もしも消費者金融ではATM手数料がかからず、銀行では108円がかかるのだとしたら、むしろ消費者金融で借りたほうが得をするということになりますね。

 

また、消費者金融の中には30日間無利息とか、1週間何度でも無利息というサービスをやっているところもあります。1回だけ借りるのであれば、30日間無利息サービスをやっている消費者金融で借りれば利息はいっさいかかりません。給料日前に何度も借りる予定なのであれば、1週間なんどでも無利息というサービスがある消費者金融がよいでしょう。

 

前述したように、20万円を5日借りただけなら金利18%でも500円の利息しかかかりませんので、あまり無利息サービスにこだわる必要もないかもしれません。しかし、40万円を20日間借りた場合にはその8倍の4000円の利息がかかるので、それなりの金額を節約できることになります。ケースバイケースですのでそれぞれのケースで計算してみましょう。

 

以上の考察から、消費者金融にメリットがあるということになりますが、銀行でも同じようなサービスをやっているところはあるので、銀行と消費者金融の両方から探してみることがおすすめです。

更新履歴