クレジットカードのキャッシング

キャッシングといえば真っ先に思い浮かべるのが、銀行や消費者金融が提供しているカードローン。24時間365日、コンビニのATMなどでいつでも現金を手に入れることができるので、今ではたくさんの人が利用しています。

 

しかし銀行や消費者金融のカードローンには、常にマイナスイメージがつきまとうのも事実です。利便性が非常に高いのは確かですが、金利が高くて多重債務に陥る可能性があったり、お金にルーズな人と思われてしまいがちだというデメリットも存在します。ですから、なるべくならカードローンでキャッシングしていることを知られたくないという人も多いのではないでしょうか。

 

そこで銀行や消費者金融のカードローンを利用することに抵抗がある人におすすめなのがクレジットカードです。クレジットカードといえばキャッシュレスでショッピングできることはもちろん、国内、海外の旅行で利用できる保険などさまざまな機能が備わっている便利なアイテムですが、じつは現金を引き出すことのできるキャッシング機能も付属させることができるのです。この機能を利用することでカードローンでキャッシングするのと同じように、コンビニやショッピングモールに設置されている提携ATMなどでいつでも現金を手に入れることができるようになります。

 

クレジットカードのキャッシング機能を利用することのメリットは、銀行や消費者金融のカードローンを利用するときのようにローンカードを所持する必要がないことです。ローンカードを所持していれば家族など周囲の人にカードローンを利用していることを知られる可能性がありますが、クレジットカードは今や社会人なら持っていて当たり前のアイテムですので、財布の中に入っていたところで不審がられることはまずありません。周りの誰にも疑われることなく、いつでもカードローンのメリットを享受できる、このような魅力的なメリットを利用しない手はないのではないでしょうか。

 

ただし注意しなければいけないこともあります。クレジットカードに備えることのできるこの機能は、多くの場合で金利が高めに設定されています。ですから使い過ぎてしまうと金利を含めた総支払額が膨らんでしまう可能性があるのです。便利だからといっていつでも利用していたりなんかすると、請求された金額を見て驚いてしまうことになりかねません。くれぐれも使い過ぎには注意して、計画的に利用することを心がけましょう。